試験的グロブロ。
enyen.exblog.jp
ブログトップ
古王国記
腹さすってたらビックリするぐらいヘソゴマがたまっていた。

歌丸です。


サブリエル―冥界の扉 (古王国記) (古王国記)
ガース ニクス / / 主婦の友社



今3巻のアブホーゼンを読んでおります。
上下巻に分かれているのもあるようですが、町の図書館で借りてきたので
分厚いガンガン並みのハードカバーでございます。

このせいか知らん、なんかえらく腹筋が筋肉痛なんです。
寝ながら読んだりしゃがんで読んだり足を投げだして読んだり腹に乗せて読んだり
いろんな読み方が祟ったのか、メッチャ痛い。

でもあと少しで読み終わるので読んでしまうわけですが、
秋でもないのになぜこんなに読書をしているんでしょうか?







ところでされ竜が、なんかリニューアルして出ていますよ?

されど罪人は竜と踊る 1 ~Dances with the Dragons~ (ガガガ文庫 あ 2-1)
浅井 ラボ / / 小学館
ISBN : 4094510729



大幅加筆!とだけあって超分厚い。なにこれ。どうしろっていうの?
レビューを読んだら、複線をめちゃ詰め込んでるらしい。
まあされ竜って巻数が進みすぎていて、話が末広がり。
初めて本を手に取った時に感じた「面白い!」はもはや、多すぎる複線や
複雑な人間関係、増えてきた登場人物で「で、っていう。」ヨッシー状態です。
それでもアッサリ始まった1巻は面白かったのに、
それがコッテコテに複線ばりされてると、レビューにあった「胸焼け」は必至なのでは。

そう思って買っていません。

ところで、され竜じゃなくて、され罪って訳すもんなのかしら?

e0033693_07972.jpg


「どっちでもええがな。」
[PR]
by wanchen | 2008-05-28 00:07 | 色々感想文