試験的グロブロ。
enyen.exblog.jp
ブログトップ
骨折とパテと溜息
小型犬に限ったことではなく、
猫と違い犬は抱っこの高さから落っこちても骨折したりします。

だからって前足両方とも折る必要はないのにね!

かわいそかわいそなのです。






骨折の治療は色々あると思うんですが、当院では外装固定法でしてます。
折れた骨を整形固定し、ずれないように骨にピンぶっさして、
突き出たピンを外側から固定する方法です。

で、外側から固定するのに速乾金属用パテを使ってるんですが・・・
まあ失敗したわけです。

ピンぶっ刺し>仮固定でパテを。>違う違うそうじゃそうじゃない。
 >え、ちょ、パテが固まってきt>これじゃ骨ずれちゃう。>もう一回!もう一回!
    >パテもうないお。>ええい、仕方ない一発勝負じゃ!

の、一発勝負で失敗したわけです。

骨は固定できたけど、失敗したわけです。

パテ買いに以降にも店閉まってるわけです。

お陰で皮膚の縫合が大変難しくなったわけです。

先生が針を通すたびに「うぅーん…」とか「むー…」とか「はぁ~…」とか「…っち」とか言うわけです。

どうもすいまえんでした(; ;)

e0033693_23394820.jpg


「先生にそんなつもりはなかったと思うよー。」

分かっててもへこむわけです。
[PR]
by wanchen | 2010-03-05 23:40 | 仕事